見よ、鍵屋の技術

鍵屋の技術

「鍵屋さん」と言っても、鍵を売っている人のことではない。
鍵を失くして家に入れなくなった人のために鍵開けをしたり、鍵修理やドアノブ修理を行い、防犯対策のための鍵交換をするのも彼らの仕事である。
鍵のあらゆるトラブルを解決してくれるプロフェッショナル、それが鍵屋なのだ。

プロフェショナルである彼らは、鍵に関するさまざまな専門の技術を持っている。道具を鍵穴に差し込んで開ける技術は、その最たるものだろう。
何しろ、それが出来るのは泥棒と鍵屋だけなのだ。しかも、年々防犯に対する意識は高くなり、鍵はますます解錠が難しい構造になっていく中、鍵屋は研究と研鑽を重ね、どんなに新しく、どんなに開けにくい鍵でも解錠してしまう。
所詮は単純な頭しかないから人の家の鍵を盗んだり、こっそり開けたりする泥棒とは一味違うのである。

鍵屋の技術力の高さの「カギ」は、彼らの日頃の努力にあるのだと言っても過言ではない。彼らは、新しい鍵が市場に登場するといち早くそれを手にし、構造を研究して、どうすれば鍵開けが可能かを検討する。
製品を分解し、施錠のメカニズムを理解し、どこをつつけば反応するかを見るのである。
また、こういったプロによる研究の成果と技術の高さを次代に伝えるための、学校なども存在している。古今東西のあらゆる鍵について学び、それを開くための技術を磨くことが出来る。
そうやって培われた技術が、今日も街をゆく鍵屋の仕事を支えているのだ。