新しい鍵の取り付け

鍵の取り付け

鍵屋を呼ぶと、鍵を紛失していたとしてもそれを解錠してもらうことが出来るし、新しい鍵に取り替えることも出来る。
鍵を失くしたまま取り替えずにいるのは不用心な話である。あなた以外の誰かが、あなたの鍵を持っているかもしれないのだ。それを使って泥棒に入られでもしたら目も当てられない。
自分の家の鍵で、自分の家に泥棒に入られるということになるからだ。
だから、鍵開けをしてもらったあとは鍵交換をしてもらうことが必要である。解錠と取り替えは、2つで1セットであると考えてもらって構わない。
というわけで、ここでは新しい鍵への交換、そして取り付け作業について見てみよう。

「交換」とか「取り付け」などと言うと、大掛かりなことをしそうな印象があるが、以外にも鍵屋による鍵交換、取り付けの作業はそれほど大掛かりなものではない。
それに掛かる時間は長くても20分といったところ。鍵屋が到着して、また帰っていくまでに30分かかるか、かからないかという時間なのである。
夜に帰ってきて鍵がないのに気付き、「これから鍵屋を呼んでも長い時間が掛かるんだろう……」とうんざりする。そんな必要はない。鍵屋のサービスは、あくまでもスピーディなのである。

短い時間で済むサービスだから、この際、もっと別の仕事も依頼してみたら良い。
例えば、「鍵がひとつでは心もとないから、補助錠を付けてもらいたい」とか。すぐに取り付けることが出来、しかも安価で、頑丈な補助錠はある。
鍵屋を呼ぶときに、「ついでに」ということで依頼すると、あなたの家の防犯力はますます高まることになるだろう。

鍵だけでなく、「ドアノブの調子が悪い」ということでも、鍵屋は来てくれる。鍵は開いたもののドアノブが回せない……というパターンも多い。ノブの内部がすっかり劣化してしまって、回るものも回らなくなっているのである。
おかしいと思ったときに早めに修理、交換しておけば、それで困ることもないのである。